グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 『日証金』について > コンプライアンス > 反社会的勢力排除に向けた全社的方針

反社会的勢力排除に向けた全社的方針


反社会的勢力排除に向けた基本方針

市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは一切の関係を遮断する。
  • 反社会的勢力から不当な要求を受けた場合は、毅然とした態度で対応する。
  • 反社会的勢力および反社会的勢力と関係ある取引先とは、いかなる取引も行わない。
  • 反社会的勢力および団体の活動を助長するような行為を行わない。

反社会的勢力排除に向けた態勢の整備

1. 反社対応部署およびその役割

反社会的勢力への対応を統括する部署(反社対応部署)は、コンプライアンス統括部とする。反社対応部署は、反社会的勢力に関する情報を一元的に管理・蓄積しデータベースを構築するとともに、研修活動の実施、対応マニュアルの整備等を行い、反社会的勢力との関係を遮断するための取組みの実効性を確保する。

2. 暴力団排除条項の導入、審査体制の整備

適切な事前審査の実施や、契約書等への暴力団排除条項の導入等により、反社会的勢力との取引を未然に防止するとともに、反社対応部署は、これらについて定めた規程を整備する。

3. 外部専門機関との連携体制の確立

反社対応部署は、平素から、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部の専門機関と緊密な連携関係を構築する。

4. 有事の対応

反社会的勢力による不当要求がなされた場合には、当該情報を反社対応部署を経由して速やかに担当取締役に報告するとともに、外部の専門機関と連携の上、経営トップ以下、組織全体として対応する。
以上