グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 『日証金』について > コンプライアンス > コンプライアンス体制

コンプライアンス体制


当社のコンプライアンス体制は、取締役会、経営会議、監査役、コンプライアンス委員会、コンプライアンス統括部を軸に構成されています。
社内のコンプライアンスの状況は、コンプライアンス統括部が常時把握し、定期的に取締役会や経営会議で報告されます。

コンプライアンス委員会は、コンプライアンスに関する重要事項の審議を行います。
コンプライアンス統括部は、役職員に対して確固たる倫理観に基づいた誠実かつ公正な行動をとるよう指導するなど、コンプライアンスの徹底、推進に努めています。また、当社が中心となり、グループ全体のコンプライアンス体制の整備、強化を推進しています。

コンプライアンスに関する相談・通報制度

外部通報窓口の設置

コンプライアンス体制の強化を図るため、コンプライアンスに関する相談・通報窓口として、コンプライアンス統括部、コンプライアンス担当者のほか、社外にも顧問弁護士による相談・通報窓口を設置しております。
外部相談・通報窓口は、相談・通報者の心理的な負担を軽減するため、会社に対する相談・通報者の匿名性を完全に保証し、より相談・通報が行いやすい体制といたしました。