グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 『日証金』について > トップメッセージ

トップメッセージ


代表取締役社長 小林 英三

ステークホルダーの皆さまには、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

足許では、中国をはじめとする新興国経済の鈍化や地政学的リスクの高まりなどにより、世界経済を巡る不透明感は高まっています。
こうした中、2015年度においては、東京証券取引所でコーポレートガバナンス・コードの適用が開始されたほか、日本銀行がマイナス金利政策を導入するなど、当社を取り巻く経営環境にも様々な変化が見られました。
今後を見通してみましても、グローバルな金融規制強化や金融とIT(情報技術)を融合したFinTech(フィンテック)による金融サービスの進化など、金融機関を巡る事業環境は更なる変化が予想されます。

私たちの主要業務である貸借取引業務は、1951年6月の信用取引制度の創設に伴って開始して以来、流動性の向上および公正な価格形成に寄与してきましたが、グローバル化した証券・金融市場において、その重要性はますます高まってきております。

今後も、証券市場の多様なニーズや環境の変化に積極的に対応し、証券市場の参加者や利用者の長期的な利益向上を図ることで、引き続き証券市場の発展に貢献してまいります。

皆様のご理解とご支援を今後とも賜りますよう、お願い申しあげます。

日本証券金融株式会社
代表取締役社長 小林 英三