グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




リスク管理


リスク管理に対する基本方針

金融の自由化・国際化、IT(情報技術)の飛躍的な向上等の環境変化に伴い、金融機関が直面するリスクは多様化・複雑化しており、リスク管理の重要性は従来にも増して高まっています。
こうした中、当社では、経営の健全性を確保しつつ収益性の向上を図るため、リスク管理を経営の最重要課題として位置付け、取締役会においてリスク管理に対する基本方針を定めています。
具体的には、「社内におけるリスク管理重視の周知徹底」、「各種リスクの適切な管理」、「統合リスク管理の推進」、「相互牽制体制の構築」などを基本方針として定め、リスク管理を行っています。

リスク管理の方法

当社では、想定されるリスクを信用リスク、市場リスク、流動性リスク、事務リスクおよびシステムリスクに大別し、これを管理対象としています。このうち信用リスクおよび市場リスクについては、リスクを定量的に把握し、経営体力に見合う適切なレベルにリスクをコントロール(統合リスク管理)しながら収益の確保に努めています。一方、流動性リスク、事務リスクおよびシステムリスクについては、リスクの特性に応じた適切な管理を実施することにより、リスク発生の未然防止に努めています。

リスク管理の体制図